キッチン

キッチン

キッチンのつまりを解決するには?

キッチンつまりの原因や対処方法が分からなくて困っていませんか?

ここでは、キッチンつまりの原因や解決方法、予防策などについて詳しくお伝えしていきます。
ぜひ、今後の参考に目を通してみてください。


キッチンのつまりの原因

キッチンのつまりの原因は大きく分けると以下の2種類です。

  • 食べ物や油のカス
  • 異物

それでは、キッチンのつまりの原因2種類について、それぞれ分かりやすくお伝えしていきます。

食べ物や油のカス

調理した時に出てくる食べ物のカスは、日々の積み重ねによって自然に排水管内で蓄積していきます。

野菜の切りくずやヘタ、魚や肉の一部がそのまま排水管へ流れてしまうと排水口にこびりつき、つまりの原因となります。

また、油汚れの蓄積もキッチンがつまる原因となりやすいです。

毎回綺麗にしているつもりでも油汚れはあらゆる所に残っており、食事を終えた後のお皿はもちろん、フライパンや鍋などの調理器具にも油は残っています。

それらをシンクで洗った時には排水口の中に油汚れが少しずつ溜まっていき、やがては水の流れを妨げるほど増大してしまいます。

異物

キッチンのつまりの原因2つ目は、異物です。
異物は食べ物や油のカス以外のことを指し、以下のようなものも含まれます。

  • ちぎれたスポンジ
  • 石鹸や洗剤が固形化したもの
  • 小さな生活用品

毎日皿洗いや手洗いをするうちに、スポンジや石鹸、洗剤の汚れが少しずつ溜まっていき、最終的につまりを引き起こすこともあります。

小さな生活用品とは、たとえばマグネットやペットボトルのキャップなどです。
誤って落とした際に流れず、つまりの原因となることがあるため注意です。

食べ物や油、異物などが、排水口の手の届かない場所でつまっている場合、薬品や特殊な道具などでそれらを除去しなければなりません。

キッチンのつまりが起こる箇所

台所の排水管

続いて、キッチンのつまりが起こる箇所について順番に説明していきます。

つまりの箇所が奥の方になるほど、自力で解消するのが難しくなります。

ゴミ受け

キッチンの排水口には、フタを開けるとまずゴミ受けがあります。
ここには食べ物のカスなど比較的大きなゴミが溜まるため、つまりを起こしやすいです。

ただ手入れも簡単なので、定期的に掃除をすればつまりを対策できます。

排水トラップ

ゴミ受けを外すと排水トラップがあります。
排水トラップは常に水を貯めておくことで、下水からの悪臭を防ぐためのパーツです。

常に水の中にあるため、ぬめりが起きやすいですが、あまり頻繁に掃除しないという方も多いのではないでしょうか。

排水トラップも取り外しが簡単なので、できればこまめに掃除してつまり対策をすることをおすすめします。

排水管

ゴミ受けや排水トラップに引っかからなかった汚れやゴミは、排水管へ流れます。

排水管のつまりは、浅いところにあるものなら簡単に対処できますが、奥の方にあるものは特殊な道具を使ったり、業者を呼んだりしないと解消できません。

また排水管がS字に曲がっていて、そこに水を貯めて排水トラップの役割をしているタイプもあり、このタイプのものだとつまりの解消が難しくなります。

排水マス

排水マスは、キッチンだけでなくトイレやお風呂など家中の水道からの排水が合流する所です。

排水管のつまりを解消してもまだ流れが悪い、悪臭がする、家の水道全体の流れが良くないといった場合は、排水マスのつまりも疑ってみましょう。

排水マスのつまりは、専用の機械を使わないと解消できないことが多いので、業者に依頼するのが確実です。

キッチンのつまりを解決する方法

今度はキッチンつまりの解決方法を詳しくお伝えしていきます。

ゴミ受け・排水トラップを洗浄する

ゴミ受けや排水トラップは油や食べ物のカスが最初に入ってくる部分ですので、つまりの原因となりやすいです。

また、ゴミ受けなど徐々に油が付着して、しばらくすると全体にまとわりついてしまいます。

重曹とお酢を使う

重曹とお酢を混ぜると化学反応によって油などを溶かすので、洗浄剤の代わりとして役立ちます。

まず、排水管付近のシンクとゴミ受け、排水トラップにそれぞれ重曹を掛けます。量に決まりはありませんが、全体にまんべんなくかけましょう。

そして、重曹を掛けた排水トラップやゴミ受け、排水管の入口にお酢を掛けて5分程度待ちます。お酢の量も決まりはありませんが、泡が出てきたぐらいで止めます。

5分程経ったら水で洗い流して完了です。

つまりの原因となる汚れやぬめりを、キレイに取ることができます。

たわし、スポンジを使ってぬめりを落とす

スポンジを使ってぬめりを落とすのも非常に効果的です。

重曹とお酢だけではゴミ受けや排水トラップの細かな部分を掃除できないので、スポンジを使ってしっかり溝や凸凹などを拭き、ぬめりを取ります。

この時古い歯ブラシやつまようじなどを使うと、細かい部分の掃除がしやすくなります。

排水管の中を洗浄する

排水管も油や食べ物のカス、カビなどによってつまりの原因となりやすいので、しっかりと洗浄することが大切です。

しかし、手が届かない場所でもあるので、洗浄剤などでつまりがとれなければ、業者に依頼することがおすすめです。

洗浄クリーナーを使う

キッチンの排水管の中を洗浄する方法として、洗浄クリーナーを使うこともおすすめします。

洗浄クリーナーとは、排水管のつまりを解消するために作られた洗浄剤で、汚れを落とすというよりも、汚れを溶かし、除去する力を持っています。

一般的な洗剤に比べてはるかに強力な成分を含んでいるため、排水管の中に流し込み時間を置くことで、つまりを解消できる可能性があります。

洗浄クリーナーはドラッグストアや通販などで簡単に購入することができるため、なかなかつまりが解消されないという場合は試してみると良いでしょう。

ピーピースルーFを使う

ピーピースルーFとは、専門業者も使用する粉末タイプの洗浄剤です。

通常のパイプクリーナーよりも遥かに強力で、排水口に溜まった汚れを隅々まで分解・除去します。

しかし、直接触れてしまうと皮膚が炎症を起こしたり、目に入ると失明などの危険性があるので取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

異物は手の届く範囲なら取り除く

キッチンの排水口の中にペットボトルのキャップや歯ブラシなど、異物を落としてしまった時は、手の届く範囲であれば自力で除去してみましょう。

排水管付近に引っかかっていれば簡単に除去することができます。

しかし、排水口の奥に入り込んだり、汚れに付着して取れなかったりする場合は、業者に依頼する方がスムーズに解決できます。

熱湯を流すのは基本的にNG

油が排水管で冷え固まったことでつまりが起きている場合、熱湯を流して解消しようとするのはNGです。

排水管が金属製であれば問題ありませんが、塩化ビニルが使われていることが多く、その場合は熱湯を流すと管の劣化が早まるリスクがあります。

油汚れを落とす時は、必ず排水口用の洗浄クリーナーや薬品を使うようにしましょう。

自力でも解決できなければ業者に依頼する

キッチンの排水口の中につまりが発生した時は、洗浄クリーナーや重曹などで解決できます。

しかし、つまりの原因が排水口の奥にできた油の塊によるものの場合は、自力では解決できない状態です。

油が固まると石鹸のように固くなり、通常の油汚れや食べ物・異物よりもやっかいなつまりを引き起こします。

何度も洗浄してもつまりが解決できない時は、迷わず専門業者に依頼しましょう。

業者に依頼した時の料金

水道修理業者にキッチンのつまりを依頼する時、気になるのは修理にかかる料金ですよね。
ここでは例として、水道救急センターの料金をご紹介します。

作業内容 出張料金+基本料金 作業料金
つまり除去軽作業


出張料金 ¥0 + 基本料金 ¥5,000
¥4,000~
薬品作業 ¥3,000
その他部品交換 ¥1,000~
吸引ポンプ作業 ¥15,000~
ドレンクリーナ作業 ¥15,000+作業料
高圧洗浄機作業 ¥15,000~+作業料
管内カメラ調査 現地お見積

安いと6000円ほどで対応可能で、さらに初めて利用される方は5000円のキャッシュバック、2回目以降の方でも総額の10%のキャッシュバックを受けることができます。

なお高圧洗浄は、配管の長さによって作業料金が大きく変わるため、正確な料金については一度電話で確認することをおすすめします。
水道救急センターなら、フリーダイヤルのため通話料無料で相談可能です。

また料金を慎重に検討したい場合は、現地で見積もりをしてもらいましょう。
依頼者がトラブル状況を電話で伝えるよりも、プロに現地で状況を確認してもらった方が、より正確な料金が分かります。

自宅で簡単にできる!キッチンつまりの予防策とは?

油処理の様子

自力で、または業者に依頼してキッチンのつまりを解消したら、再発しないようにしましょう。

キッチンつまりの予防策としては、次のようなものがあります。

油を流さない

つまりの予防策としてまず、料理に使った油を流しに流さないようにします。
揚げ物をした時など、油を大量に使った場合は、新聞紙に吸わせたり凝固剤を使ったりして、ゴミ袋にまとめます。

また炒め物をした時など少量の油でも、キッチンペーパーなどでフライパンを拭き取ってから洗い物をするようにしましょう。

排水口ネットをはる

排水口のゴミ受けにネットをつけると、つまりの原因となる細かいゴミや汚れもキャッチできます。

ネットをこまめに取り替えれば、手軽に排水口を清潔に保てるのでおすすめです。

こまめに掃除する

キッチンの排水口は、最低でも週に1度は掃除するのが理想です。
時間が取れなければ、排水口のネットの取り替えだけこまめにして、時々パーツをすべて取り外して掃除するようにしましょう。

ゴミ受けをステンレス製や銅製に変える

ご自宅のゴミ受けがプラスチック製の場合、ステンレス製銅製に変えるとぬめりや悪臭の防止になります。

特に、銅は殺菌効果に優れているので、排水口をしばらく掃除しなくても臭いや汚れが気にならないという声もあります。

つまりの予防をしたいけど普段あまり排水口の掃除ができないという方は、ゴミ受けを買い替えてみてはいかがでしょうか。

キッチンの排水口掃除におすすめのツール

キッチンつまりを予防するためには、排水口を清潔に保つことが大切です。
そこで100均でも買える、排水口掃除におすすめのツールをご紹介します。

ぬめり取り

塩素系の薬剤を排水口に設置して、つまりの原因であるぬめりを予防します。
塩素系なので中性洗剤以外は使用しないよう、取り扱いに十分注意しましょう。

ぬめりを取るだけでなくコバエを寄せ付けないなど、他の効果も期待できる薬剤もあります。

排水口用ブラシ

100 均では、排水口用のブラシのラインナップも充実しています。

長さのあるものや伸縮できるもの、パイプの形に合わせて曲がるものなどがあるので、種類を比較してみてはいかがでしょう。

掃除だけでなく、排水管のつまり除去にも役に立つでしょう。

メラミンスポンジ

水に濡らしてこするだけで汚れが落ちるメラミンスポンジも、キッチンの排水口掃除におすすめの道具です。
使い捨てなので、衛生面でも安心です。

ただ、ツヤ加工のされているステンレスなど、メラミンスポンジが使えない素材のものもあるので、注意書きをよく読んで正しく使いましょう。

またメラミンスポンジを誤って排水口に落とすとつまりの原因となるので、使っている途中に落とさないよう注意が必要です。

一戸建ての住宅の方がキッチンがつまりやすい?!

キッチンの排水口

キッチンのつまりは、マンション等より一戸建て住宅の方が発生しやすいです。
なぜなら、マンション等は業者によって、定期的な排水口の高圧洗浄を行うためキッチンのつまりも抑えられます。

しかし一戸建ての場合は、キッチンのつまりに関して定期的な洗浄を行う習慣の無いケースも珍しくありません。

災害でキッチンの排水口が逆流することも

キッチンがつまることで水が流れにくくなったり、排水口から水が逆流したりしますが、普段から排水口のつまりを対策していてもこうしたトラブルは起こり得ます。

台風や大雨で下水管が満水になる、地震で水道が壊れるなど、災害によって排水口が逆流することもあるのです。

そのため災害時には、「水のう」で排水口をふさぎましょう。
水のうは、45Lほどの大きなゴミ袋を2重にし、水を半分ほど入れるだけで作れます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

キッチンのつまりを解消する方法はさまざまで、状況によってどの方法が適切かは変わってきます。
今後キッチンがつまった際は、まず始めに原因が何なのかを突き止めましょう。

原因を明確にすることで適切な対処方法というものが自然と見えてきます。

しかし、中には業者を呼ばないと解消できないトラブルもあります。

そのため、自分では対処できそうにないトラブルや、日常生活に支障が出るほどのつまりが起こった時は、迷わず水道業者に依頼しましょう。

トラブルの程度が軽いほど料金も安く済むので、つまりが軽いうちに業者に連絡するのもおすすめです。





PAGE TOP
ページ上部へ