キッチン

キッチン

キッチンの水漏れが発生したら?考えるべき対応とは

キッチンで水漏れが発生した場合、どのようにしてトラブルを対処していけばいいのでしょうか?
これは多くの人が気になっていることだと思います。

そこで今回はキッチンの水漏れが発生した時に備えて、水漏れ発生箇所やキッチンの水漏れに関する対応方法についてお伝えしていきます。
是非、今後の参考に目を通してみてください。

キッチンの水漏れの発生箇所

キッチンの水漏れは、主に以下のような部分から発生しやすいです。
  • シンクの下
  • 水道栓や水道栓の周辺
  • 排水トラップ
  • 排水管など
発生原因としては、基本的に経年劣化や破損、その他不良が挙げられます。

それでは各水漏れ発生箇所を詳しくお伝えするので、この機会に一緒に見ていきましょう。

シンクの下

キッチンの水漏れが発生したら、まずシンクの下をチェックしてみましょう。
シンクの下には排水パイプもしくは排水ホースがあり、それぞれ劣化や破損しやすいポイントがあります。

キッチンのシンクの下から水漏れが発生していることが分かったら、排水パイプや排水ホースをチェックすることが必須です。

排水パイプ

キッチンのシンクの下に排水パイプが設置されている時は、繋ぎ目部分に異変がないかチェックします。

排水パイプの素材は、主に塩化ビニール管や金属製で、パイプそのものよりも繋ぎ目部分が劣化しやすいです。
また、繋ぎ目の接続方式にはネジや差し込み方式などありますが、基本的にパッキンなどの劣化によって水漏れしやすいでしょう。

排水ホース

キッチンのシンクの下に排水パイプではなく、排水ホースが接続されているケースもあります。
排水パイプとの違いは蛇腹状で、はさみで切れてしまう柔らかさです。

排水ホースの場合は排水パイプよりも柔らかく、ビニール製ですので劣化しやすく破損しやすい傾向があります。
そのため、ホース自体が割れて水漏れする可能性があります。

水道栓

キッチンの水道栓も、水漏れ発生箇所の1つです。
また、他の水漏れ発生箇所よりも発見しやすいので早めに対応しやすいでしょう。

水道栓から水漏れする時は、主にパッキンの経年劣化やネジの緩みによって起こります。

排水トラップ

キッチンの排水口には排水トラップがあります。
そして排水トラップも水漏れ発生箇所の1つで、主に接続部分であるパッキンが経年劣化することで起こりやすいです。

また、ナットなどの緩みによっても、水漏れすることがあります。

どれも当てはまらない場合は、排水管が詰まっているかも

キッチンから水漏れが発生した時に、水道栓・排水トラップ・排水パイプなどが原因ではない時は排水管のつまりが原因かもしれません。

しかし排水管のトラブルは自力では解決できない部分ですので、迷わず水道トラブルに対応している業者に依頼することをオススメします。

発生場所別の対処方法

キッチンの水漏れ発生箇所別に、対処方法をご紹介していきます。
  • 排水パイプ、ナットを締め直すなど
  • 排水ホース、全体が劣化している可能性があるので、新品と交換する
  • 水道栓、パッキンやカートリッジを交換する
  • 排水管、水道トラブルの専門業者に依頼する
特にキッチンの排水管から水漏れした場合は、自力で対応するのが難しいので業者を探すことを優先しましょう。

排水パイプが原因の水漏れの場合

キッチンの排水パイプが原因で水漏れしている場合は、繋ぎ目を固定しているナットの緩みがないかチェックしましょう。

経年劣化などによって少しずつナットが緩むので、ナットを締め直します。
また、手軽にできる作業ですので、定期的にナットを締め直すこともオススメです。

それでも水漏れしている時は、パッキンの劣化の可能性もあるのでパッキン交換をしてみましょう。

排水ホースが原因の水漏れの場合

排水ホースが原因で水漏れしている場合は、ホース自体の破損・割れの可能性も高いので、ホームセンターなどで新品を購入・交換するのがオススメです。

ただし、交換する時は排水トラップやシンクに残った水が床にこぼれるので、あらかじめキッチンの床に雑巾やバケツを用意しておきます。

水道栓が原因の水漏れの場合

キッチンの水道栓が原因で水漏れしている場合は、まず水栓の種類をチェックしてみてください。

シングルレバー混合水栓
1つのレバーのみ付いている水栓で、上下左右で水量と温度調節可能。

ハンドル混合水栓
2つのハンドル式水栓が付いていて、それぞれのレバーで冷水、温水それぞれの水量を調節し温度を適温にする。

古くからある水栓はハンドル混合水栓で、比較的新しい家の場合はシングルレバー混合水栓が設置されています。

バルブカードリッジの交換

キッチンにあるシングルレバー混合水栓から水漏れしている場合は、バルブカートリッジの経年劣化などによる破損が原因の1つです。

ホームセンターなどから同一の型番を購入し、まずはカバーとなるレバーなどを外します。
そして元栓を閉めて、内部の止めばね・スペーサー・ストッパーを外し、バルブカートリッジを引き抜き、新品のバルブカートリッジを装填すれば交換完了です。

後は、先程と逆の順番でストッパーやレバーを固定します。

パッキンの交換

ハンドル混合水栓の水漏れ原因は、ハンドル部のパッキン劣化や破損によるものもあるのでパッキンをチェックしてみましょう。

まず元栓を閉め、ハンドル上部のキャップをつまようじなどで外します。
そして、キャップを外すと中にネジがあるので、ドライバーで緩めハンドルも取り外します。

続いてナットもフライヤーなどで外すと、パッキンも取り外せるようになるので新品と交換可能です。
また、戻す時は前述と逆の手順で、1つ1つ固定していきます。

排水管が原因の水漏れの場合

排水管が原因で水漏れしている場合は、自力で対応するのが難しいため水道トラブルの専門業者に依頼しましょう。

専門業者に依頼する場合は、複数社に相見積もりを行った上で価格と作業内容を判断して選びます。
その後は契約成立となり、指定した日に業者が訪問するのでキッチン周りを整理しておきましょう。

排水管の破損やスカムによるつまりなどの場合は、専用の洗浄材や交換器具を用いてスムーズに修理・交換・洗浄して完了です。

まとめ

キッチンの水漏れが発生したら、まずどこから水漏れしているのかキッチンの水道栓・排水トラップ・排水パイプや排水ホースなどをチェックします。
そして、パッキンや排水ホースなどの部品交換で解決できる場合は、自力で作業しても問題ありません。

しかし、排水管が原因の水漏れや、部品交換してもまだ水漏れしている時は迷わず水道トラブルの専門業者に依頼することが大切です。




PAGE TOP