キッチン

キッチン

キッチンのつまりを解決するには?

キッチンつまりの原因や対処方法が分からなくて困っていませんか?
ここでは、キッチンつまりの原因や解決方法について詳しくお伝えしていきます。
ぜひ、今後の参考に目を通してみてください。

キッチンのつまりの原因

キッチンのつまりの原因は大きく分けると以下の2種類です。
  • 食べ物や油のカス
  • 異物
それでは、キッチンのつまりの原因2種類について、それぞれ分かりやすくお伝えしていきます。

食べ物や油のカス

調理した時に出てくる食べ物のカスは、日々の積み重ねによって自然に排水管内で蓄積していきます。
野菜の切りくずやヘタ、魚や肉の一部がそのまま排水管へ流れてしまうと排水溝にこびりつき、つまりの原因となります。

また、油汚れの蓄積もキッチンがつまる原因となりやすいです。
毎回綺麗にしているつもりでも油汚れはあらゆる所に残っており、食事を終えた後のお皿はもちろん、フライパンや鍋などの調理器具にも油は残っています。

それらをシンクで洗った時には排水溝の中に油汚れが少しずつ溜まっていき、やがては水の流れを妨げるほど増大してしまいます。

異物

キッチンのつまりの原因2つ目は、異物です。
異物は食べ物や油のカス以外のことを指し、以下のようなものも含まれます。
  • ちぎれたスポンジ
  • 石鹸や洗剤が固形化したもの
  • 小さな生活用品
小さな生活用品とは、たとえばマグネットやペットボトルのキャップなどです。
誤って落とした際に流れず、つまりの原因となることがあるため注意です。

キッチンのつまりを解決する方法

今度はキッチンつまりの解決方法を詳しくお伝えしていきます。

排水トラップを洗浄する

排水トラップは油や食べ物のカスが最初に入ってくる部分ですので、つまりの原因となりやすいです。

また、ゴミ受けなど徐々に油が付着して、しばらくすると全体にまとわりついてしまいます。

排水トラップはゴミ受けと椀、入り口付近を洗浄します。
椀とは、ゴミ受けの下に設置されている部分で常に水が溜まっている部分です。

重曹とお酢を使う

重曹とお酢を混ぜると化学反応によって油などを溶かすので、洗浄剤の代わりとして役立ちます。
まず、排水管付近のシンクとゴミ受け、椀にそれぞれ重曹を掛けます。量に決まりはありませんが、全体にまんべんなくかけましょう。

そして、重曹を掛けたお椀やゴミ受け、排水管の入口にお酢を掛けて5分程度待ちます。お酢の量も決まりはありませんが、泡が出てきたぐらいで止めます。

5分程経ったら水で洗い流して完了です。

たわし、スポンジを使ってぬめりを落とす

スポンジを使ってぬめりを落とすのも非常に効果的です。

重曹とお酢だけではゴミ受けや排水トラップの細かな部分を掃除できないので、スポンジを使ってしっかり溝や凸凹などを拭き、ぬめりを取ります。

排水溝の中を洗浄する

排水溝も油や食べ物のカス、カビなどによってつまりの原因となりやすいので、しっかりと洗浄することが大切です。

しかし、手が届かない場所でもあるので、洗浄剤などでつまりがとれなければ、業者に依頼することがおすすめです。

洗浄クリーナーを使う

キッチンの排水溝の中を洗浄する方法として、洗浄クリーナーを使うこともおすすめします。
洗浄クリーナーとは、排水溝のつまりを解消するために作られた洗浄剤で、汚れを落とすというよりも、汚れを溶かし、除去する力を持っています。

一般的な洗剤に比べてはるかに強力な成分を含んでいるため、排水溝の中に流し込み時間を置くことで、つまりを解消できる可能性があります。
洗浄クリーナーはドラッグストアや通販などで簡単に購入することができるため、なかなかつまりが解消されないという場合は試してみると良いでしょう。

ピーピースルーを使う

ピーピースルーとは、専門業者も使用する粉末タイプの洗浄剤です。
通常のパイプクリーナーよりも遥かに強力で、排水溝に溜まった汚れを隅々まで分解・除去します。

しかし、直接触れてしまうと皮膚が炎症を起こしたり、目に入ると失明などの危険性があるので取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

業者に依頼する

キッチンの排水溝の中につまりが発生した時は、洗浄クリーナーや重曹などで解決できます。
しかし、つまりの原因が排水溝の奥にできた油の塊(スカム)場合は、自力では解決できない状態です。

スカムは、通常の油汚れや食べ物・異物によって発生したつまりとは異なり、油でできたヘドロとなっています。また、見た目は石鹸や石のような固形物です。

何度も洗浄してもつまりが解決できない時は、迷わず専門業者に依頼しましょう。

異物は手の届く範囲なら取り除く

キッチンの排水溝の中にペットボトルのキャップや歯ブラシなど、異物を落としてしまった時は、手の届く範囲であれば自力で除去してみましょう。
排水管付近に引っかかっていれば簡単に除去することができます。

しかし、排水溝の奥に入り込んだり、スカムなどの汚れに付着して取れなかったりする場合は、業者に依頼する方がスムーズに解決できます。

一戸建ての住宅の方がキッチンがつまりやすい?!

キッチンのつまりは、マンション等より一戸建て住宅の方が発生しやすいです。
なぜなら、マンション等は業者によって、定期的な排水溝の高圧洗浄を行うためキッチンのつまりも抑えられます。

しかし一戸建ての場合は、キッチンのつまりに関して定期的な洗浄を行う習慣の無いケースも珍しくありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

キッチンのつまりを解消する方法はさまざまで、状況によってどの方法が適切かは変わってきます。
今後キッチンがつまった際は、まず始めに原因が何なのかを突き止めましょう。

原因を明確にすることで適切な対処方法というものが自然と見えてきます。

しかし、スカムが溜まっている場合は業者を呼ばないとトラブルを解消することができません。
そのため、つまりの原因が排水溝にできたスカムであれば、迷わず水道業者に依頼しましょう。




PAGE TOP