キッチン

台所でのお水のトラブル。もしも水道管が詰まってしまったら…?対処方法を知っておこう

ご家庭のキッチンや水回りでの詰まりなどのトラブルに遭遇してしまったら

キッチンやトイレ、お風呂場などご家庭のライフラインである水回り、水道管でのトラブル。急な事態が発生した時に冷静に対処できますか?
日々生活していく上で非常に重要な設備ですが、メンテナンスの仕方など、詳しく知っている方は少ないと思います。
何かあっても水道工事の業者に任せれば大抵解決してしまいますが、緊急を要するトラブルで自分で応急処置をしなければならない事や、
依頼するほど大げさなものではないけど、自分だけでは対処方法がわからないトラブルになってしまう事も多々あります。

生活していくうえでどうしても重要な水道に関する設備はトラブルが発生してしまう事から避けられない事柄です。
今回、水道救急センターでは水道トラブルの頻度が多い事例や、小さなトラブル、それらを予防方法やメンテナンスの仕方について紹介をしていきます。


台所でのよくあるトラブル例



ご家庭で日々使用されている水回りでも台所は料理などの使用頻度も多く、詰まりトラブルとなることが多い場所でもあります。
食品などの切りくずなどの固形物や、油など詰まりの原因となるものを毎日流していることでトラブルに繋がってきます。

台所で良く起こるトラブルと原因、その対処方法をご紹介していきます。


台所の水が流れなくなってしまったら



普段から台所などの水回りの掃除やメンテナンスを欠かさずにしている方ならば、水トラブルも起こりにくく、綺麗な台所を維持できている事が多いですが、
それでも、「水が流れなくなってしまった」「水の流れが悪くなってしまった」などの詰まりのトラブルは少なからず発生してしまいます。

水が流れなくなってしまう主な原因は、排水溝の中による詰まりが原因となります。
排水溝は、排水パイプを経由しており、外の下水管へとキッチンで使った水を流す役割を持っています。
台所の下に設置されていることが多く、シンク下には排水パイプを確認できると思います。排水パイプは外から中の状況を確認する事ができないため、排水パイプがどのような詰まりを発生させているのか、または詰まりが蓄積している状況か判断できないので、ある日急に水が流れなくなってしまったと言ったトラブルに遭遇してしまいます。
排水パイプが詰まりを起こす主な原因となるのは、調理でよくつかわれている「油」にあります。
油と言っても、食用油だけでなく、食材として使う肉や魚などからも、たくさんの脂肪分が原因となります。
こうした色んな種類の油などが、長い時間ををかけてゆっくりと蓄積していきますので、しかもパイプの中が確認できないような状況ですので、日々メンテナンスをしていないと詰まりが発生してしまうのは必然と言えます。

詰まりの原因として油に加えて、調理の際に出る、食材の切りくずなどの、固形物が少しずつ、毎日細いパイプを流れていってしまうので、油と一緒に詰まりの原因となり、排水パイプを塞いでしまう要因となります。


軽度の詰まりにはパイプクリーナー

油や食材のなどが原因でのトラブルで、完全に詰まってしまってない状況の場合は、薬局などで売られている家庭用のパイプクリーナーでパイプの詰まりを取り除くことができます。
詰まりが強力で、固まってしまっているようなつまりの場合は、業務用の薬剤で流す方法もありますが、業務用の薬剤となると市販での取り扱いがほぼないので、ネット通販などで購入するケースが多いです。


価格が安く手間も少なく環境に良い重曹

環境にとてもやさしくクリーンで、スーパーや100円ショップなどで安価で手ごろに手に入る「重曹」と「クエン酸やお酢」を使用することで、詰まりを解消することができます。
使用方法は、台所の排水口に重曹をふりかけましょう。まんべんなくたっぷりと振掛けてください。
その上からお酢または、お湯で溶かしたクエン酸を流し、1時間ほど放置します。
1時間ほど時間を置いたらお湯で洗い流すと、詰まりが解消されます。
自分でも対処できる程度の詰まりであれば、簡単につまりを解消できますが、薬剤では溶けないような異物による詰まりや、強力な詰まりとなってしまっている場合には排水パイプを取り外して詰まりを取り除く必要があり、個人で対処するには難しい場合もあります。
自分での対処が難しい場合には無理をせずに至急水道業者へ連絡して解決しましょう。


台所から異臭がするようになったら



「最近台所から異臭がするようになった」、「キッチン周辺からいつも異臭がする」など、台所での異臭を感じたら、多くの場合は排水溝から出ている臭いの場合が多いです。
排水溝は通常、水が流れていく口の部分である排水口下に水が溜まる箇所があり、それが下水から立ち上る下水臭や悪臭を遮断しています。溜まっている水は、日々台所を使用する度に新しい水と入れ替わるので、水が古くなって匂ったり、水自体から臭いが発生しているわけではありません。

排水トラップと呼ばれる水の溜まり場で、通常は下水からの臭いをせき止めていますが、「排水溝内の詰まり」「排水パイプの接続部にすき間が発生している」「排水ホースが破損」と言ったトラブルが原因となり、台所から異臭が出するといったことが起こります。

異臭は詰まりが原因

異臭の発生を感じたら、排水溝内の詰まりのケースが多いので、詰まりを解消するために先にも説明しました、「パイプクリーナー」や、「重曹」「お酢やクエン酸」を使用した方法で詰まりを解消することで、異臭の原因も取り除き解決します。

排水管の詰まり以外が原因の異臭

「排水パイプの接続部にすき間が発生」、や「排水ホースが破損」してしまった時は、ホームセンターで配管用パテや補修用テープでの処置が必要になります。
しかし、こういった補修作業も慣れてないと不要なトラブルを引き起こしてしまう原因となってしまいますので、 こちらの場合も、自分での対処が難しい場合には無理をせずに至急水道業者へ連絡して解決しましょう。


台所から異音がするようになったら



上記で挙げた例のような、「水が流れなくなってしまった」「台所から異臭がするようになった」などのトラブルはご経験がある方も多いと思いますが、「台所から異音がするようになった」というようなトラブルはあまりピンと来ないかもしれません。

異音がするだけでは、少し気になってしまうくらいで、水が流れなかったり、異臭がするような支障をきたすようなトラブルではないためあまり気に留めることがないと判断してしまうからです。
ところが、台所から異音がするというのは、水が流れなくなったり、異臭がするといったトラブルの前兆である可能性が高いのです。
実際に台所から異音がするというのはどのような音でしょうか?
w 台所を使用していて、水を流した後などに、排水溝から「ゴボゴボ」といったような音が出るようになったら、排水溝内に詰まりができていて、水の流れが悪くなっていると判断して間違いありません。

詰まりが本格的になる前にメンテナンスを

この段階ですと、完全に詰まっているわけではないですが、詰まりが始まっている状況なので、きちんと清掃することで対応可能ですので、このまま放置していると排水管の詰まりトラブルとなってしまいますので、詰まりの兆候を見逃さずに、前段階で対処するようにしましょう。


台所水漏れトラブル例



台所の水回りでの水漏れトラブルには様々ありますが、良く起こる事例として、
・蛇口のハンドル部分の水漏れトラブル
・給水管の水漏れトラブル

などがあり、水道管トラブルでも水を供給するトラブルになります。

ナットやパッキンの交換で水漏れ解決

蛇口のハンドル部分の水漏れについては、パッキンに起因する場合が多く、簡単な処置で改善できます。この場合は、新しいパッキンを購入し、交換するだけで修理可能です。
パイプの付け根部分から水が漏れのケースは、ナットが緩みがないかを確認しましょう。緩んでいたらナットを閉め、そこで水漏れがなくなれば修理完了です。
それでも水漏れが続く場合は、パッキンの交換で修理できますのでお試しください。

給水管から水漏れを確認したら迷わず連絡を

給水管の水漏れのケースは、自分での処置を行わずに水道業者迄連絡して対応しましょう。
家に水を供給する重要な部分となりますので、自分での処置は困難です。専門知識を持った業者へ依頼するのが別のトラブルを誘引することなく、早急に問題を解消する事になります。
緊急処置として、水が流れ続けるようなトラブルの場合は、放置しておくこともできませんので、応急処置として、水漏れ箇所を確認し、防水テープを巻いて対応し、その間に水道業者へ連絡してください。

重ねてのアドバイスとしまして、給水管の水漏れの際は自分での対処が難しい場合には無理をせずに至急水道業者へ連絡して解決しましょう。


まとめ



今回ご紹介したように、日々生活で使用する水回りのトラブルはキッチン、お風呂など水を普段大量に水を使用する設備ですので、どうしても水回りのトラブルは起こりえます。
ですが、ほとんどの原因はパイプなどの詰まりが原因となり、日常のメンテナンスで詰まりを抑えることができます。
パイプが詰まり始める兆候を見逃さずに初期段階で処理することで、大きなトラブルを避けられますので、日頃のお手入れを意識するようにしましょう。
もし、どうしても手に負えないような水トラブルや詰まりに遭遇してしまい、自分で対応不可だと感じたら迷わず至急水道業者へ連絡して解決しましょう。