お風呂

お風呂

お風呂の修理にかかる費用は?部位別の相場をチェック

この記事を読むのに
必要な時間は約 8 分です。

お風呂の水の出が悪くなったりシャワーヘッドや蛇口から水漏れしていたりなど、お風呂の修理依頼を検討しているご家庭もあるのではないでしょうか?

また、事前にお風呂の修理にかかる費用や目安について、知りたいご家庭も多いかと思います。

今回は、お風呂のトラブルに困っている方に向けて、お風呂の部位別に修理費用の相場や作業期間を紹介していきます。
自分で解決できるケースについても紹介するので参考にしてみてください。


お風呂の修理を依頼する前の確認ポイント

お風呂の排水口が詰まったり水漏れしたりといった場合、水道修理業者へ依頼する前に自分で解決できるか確認した上で判断しましょう。

状況によっては自分で解決できる場合もあります。
特に排水口のつまりや軽い水漏れ、水の出が悪いといったケースは掃除や部品交換などで解決できることも。

排水口が詰まった場合

お風呂の排水口から水が流れない時は、排水口や排水トラップ、排水管などで詰まっている可能性もあります。
こうしたケースの多くは、自力で解決可能です。

一般的には石鹸カスや髪の毛、その他アカやほこりなどが蓄積して排水口などに詰まっています。

そして排水口にゴミが溜まっている時は、排水口やフィルターなどを外してゴミをかきだせばつまりを解消できます。

排水口ではなく排水トラップや排水管で詰まっていると考えられる時は、髪の毛や石鹸カスなどを溶かせるパイプクリーナーで除去しましょう。

それでも詰まりが解消されない時は、より強力な薬剤を使用して、配管内部に付着した汚れを溶かすのもおすすめです。

ただし強力な薬剤を使う場合は、肌に触れないよう注意するなど、よく注意書きを読んでから使用しましょう。

アクセサリーなど溶かすことの難しい固形物を誤って排水管に落としてしまった場合は、ワイヤーを使用して詰まりを解消できるか試してみましょう。

しかし、固形物のつまりは除去できない可能性も高いので、水道修理業者へ相談するのも大切です。

水の出が悪い場合

お風呂の水の出が悪い場合は、蛇口やシャワーヘッドなどから水漏れしている可能性もあります。
特にパッキンは、劣化しやすく水漏れの原因としてよく挙げられます。

まずは蛇口を閉めて、どこから水漏れしているか確認します。
水漏れを確認できたら、元栓を閉めてお風呂の蛇口をレンチやスパナなどで外します。

パッキンが割れていれば、そのパッキンから水漏れしていると考えられます。

もし、パッキンに異常はないものの蛇口から水漏れしている時は、水栓本体の故障も考えられるでしょう。

水栓やシール、パッキンなどはホームセンターなどで購入できるため、自分で交換することも可能です。

しかし、水栓の規格が分からない場合や蛇口以外の原因も考えられる時は、迷わず水道修理業者へ相談しましょう。

水道修理業者は、蛇口の規格や必要な部品を瞬時に見分けられますし、どこで水漏れしているか発見してくれます。

水漏れがある場合

お風呂の浴槽や壁がひび割れたり蛇口が破損したりしたことで、水漏れすることもあり得ます。

前段でも触れていますが、蛇口やパッキンなどの劣化による水漏れであれば自分で新品の部品を購入して交換作業可能です。

また、浴槽の小さなひび割れであれば、パテなどで補修作業もできます。

しかし、給湯器からの水漏れや排水管の破損、浴槽の大きなひび割れといったケースなどは、自分で解決できないことがほとんどなので、水道修理業者やリフォーム業者(浴槽の交換など)へ相談するのが賢明です。

部分別!お風呂の修理にかかる費用と作業期間

続いては、お風呂の修理にかかる費用と作業期間を、7種類の部位に分けて紹介していきます。

今回は主に水道救急センターの料金を参考に、費用をまとめました。

お風呂の修理といっても、排水口や排水管、蛇口、シャワーヘッド、ドアや給湯器、換気扇など故障個所や原因はさまざまです。

それぞれの修理にかかる費用も異なるため、事前に予算を知っておくと安心でしょう。

排水口や排水管の詰まり解消

排水口や排水管の詰まりを解消するための作業費用は、作業料金のみで4,000円から対応しています。

作業期間は、一般的に30分程度で完了できます。
また、他の作業料金よりも比較的安い傾向にあります。

水道修理業者は、家庭用のパイプクリーナーではなく洗浄能力の高い専用のクリーナーや高圧洗浄機を使用するため、短時間で詰まりを解消してくれます。

蛇口・シャワーからの水漏れ修理、交換

お風呂の蛇口やシャワーから水漏れしている場合、パッキン交換といった軽作業であれば作業料金は1,000円程度です。

ただし、蛇口本体の交換やその他部品交換・修理作業なども必要になると、4,000円や12,000円程度かかります。

作業期間については、部品の調達時間によって変わります。

その場で交換できる部品であれば、通常1時間~2時間程度で修理・交換作業が完了します。ただし、メーカーから取り寄せなければいけない場合は、部品調達に1週間程度かかることもあるため気を付けましょう。

浴槽の塗装、修理、交換

浴槽のひび割れ修理や塗装、浴槽本体の交換工事の場合は、浴槽の種類や作業内容、部品や浴槽の調達費などによって作業料金が変わります。
簡単な水漏れ修理であれば、4,000円~対応できます。

浴槽交換にかかる作業期間は、浴槽本体の交換かユニットバス一式交換化によっても変わるものの、一般的に1週間~10日程度必要です。

また、ひび割れ修理などの場合は2~3日程度で、パッキンなど部品交換であれば数時間で完了します。

ドアの修理、交換

お風呂のドア修理や交換についても、前段と同じく現地調査による見積もりによって正確な費用が決まります。

状況に応じて費用が変わるものの、ドア修理であれば1~3万円程度です。
交換費用は、修理よりも数万円程度高い水準と考えておきましょう。

作業期間は、ドアの種類によって1日で完了するケースもあります。
まずは見積もりをとってもらい、正確な作業日数も確認しておくのが大切です。

給湯器の修理、交換

お風呂の給湯器を修理したり交換したりする場合にかかる費用は、現地による見積もりによって決まります。
おおよその費用としては、給湯器の交換で15万円~50万円程度です。

作業期間については、給湯器の種類や作業内容によって変わるものの一般的に2~6時間程度です。
また交換の場合は半日と、修理する場合よりも時間がかかることが多いです。

換気扇の修理、交換

お風呂の換気扇は、湿気などによりカビも発生しやすく汚れも溜まりやすい箇所です。
修理、交換については、3万円台で対応してくれます。

ただし、配線工事や換気扇の新規設置には10万円以上かかるため、作業範囲と予算のバランスを確認しながら依頼を検討しましょう。

作業時間は、1時間程度と比較的スピーディに完了します。

換気扇の交換作業には電気工事士の資格も必要のため、修理業者の資格所有状況についても確認しておきましょう。

浴室暖房乾燥機の修理、交換

お風呂の浴室暖房乾燥機の修理の費用は、配線工事や部品交換など含め3万円~が目安です。

また、本体の交換を依頼する場合は、本体料金を含めて10万円〜20万円台となります。

作業期間については、1日程度で完了するケースがほとんどです。

修理を依頼すべきか悩んだら、まず見積もりを

ポイントを示す男性

毎日使うお風呂だからこそ、トラブルには早めに対応したいものですよね。

お風呂の水漏れや各種機器の故障、浴槽のひび割れやドアの破損といったトラブルが発生し、自分で解決できないと感じたらすぐに修理業者へ依頼してください。

また依頼すべきか迷った場合、まずは無料で点検・見積もりをしている業者に連絡することをおすすめします。





この記事に対するご感想を教えてください
  • 役に立った (0)
  • 普通 (0)
  • 役に立たなかった (0)
PAGE TOP
ページ上部へ