水道・蛇口

排水管で起こり得るトラブルを未然に防ぐ

こまめなメンテナンスで水道管をトラブルから守る

ご自宅から日々排出されている生活排水は、普通の生活を送っているだけでも、毎日大量に排出しています。しかし、普段生活をしていてご家庭から排出される排水量を意識することは殆どないと思います。日々酷使されている排水管は、台所や洗面所や浴室などにある排水管のメンテナンスは非常にトラブルを防ぐうえでとても重要です。 生活水を排水することで排水管は劣化していきますので、水漏れなどのトラブルが起こりや少なりますので定期的なメンテナンスが必要になってきます。 今回、水道救急センターでは排水管のトラブルになる前に事前に予防する方法やメンテナンスについて紹介をしていきます。


排水管の主なトラブルとその原因について



主に排水管のトラブルの例として、水が流れない、水漏れが発生する、と言ったことが挙げられます。排水管のトラブルを避ける為には、排水管がトラブルに陥ってしまう原因を知ることで予防対策が立てやすく、トラブルの際も対処がしやすくなります。排水管が詰まりがある状態のままにしてしまっていると、水の流れが悪くなりますので、排水の勢いが弱くなっていると感じていたら確認するようにしましょう。詰まりをそのままにしてしまうと、つまりは蓄積していくため、水の流れはますます悪くなります。

そして、完全に水が流れなくなってしまい、たまった水が排水管の許容量を超えると、接合部分などから水漏れが発生してしまい状況はどんどん悪化していきます。更には水漏れが起こるときに、排水管が水圧で破裂、破損してしまう事もあり大変危険となります。排水管や機器の経年劣化で、素材が脆くなり、更に壊れやすくなります。破損した部分から大量に排水が溢れ出すと、床上への浸水や悪臭が発生してしまうなど、面倒なトラブルがどんどん重なってしまいます。マンションやアパートなどで階下に浸水してしまうと、住民同士のトラブルや賠償問題といった排水管トラブルから他の問題も起こりますので、対処は早め早めに行う事が重要です。

以上の事から、排水管トラブルなどのトラブルを回避するために、日頃から水などが詰まらないように気を配っておき、詰まった時の早急な対応が必須となります。洗面所やキッチンなど排水管の箇所で詰まりの原因は変わります。生活排水の排水管の場所ごとのメンテナンスの方法を理解し、対処できるようにしましょう。


トイレ排水管の詰まりの原因と対策



使用頻度の高いトイレは、一回の使用でも大量の水を流すので、一日となるとかなりの量になります。そのため正しく使用している限りは詰まりづらいですが、トイレの節水をしているご家庭で良く誤っているのが、必要以上に水の量を少なくして、トイレットペーパーをたくさん流す場合は簡単に詰まります。基本的には正しい使用方法や水の使い方を心がけることがトイレの排水管の詰まりやトラブルを予防する対応策となります。 一人暮らしの方はそこまでトイレの詰まりになることは少なくても、ご家族のいる場合のだと、一日の使用頻度が多くなり、正しくトイレを使わない方もいたりしますので、家族全員に正しく使用方法を守らせるのも難しく、小さなお子さんがいるご家庭だと余計に難しくなります。 排水管の詰まりはなかなか気付きにくく、普通に使用できる状況でも、実は排水管が詰まりかけているという事態となることもあります。そこで、トイレ用のラバーカップを使用して、定期的に排水管のメンテナンスできるように用意しておきましょう。ラバーカップの使い方は簡単でつまりも効果的に取れますので、常に用意しておくとよいです。


台所・キッチン排水管の詰まりの原因と対策



台所・キッチンの排水管は、食後の食器を洗った水が流れて油がこびりついていますので、流す際は液状になっていても排水管の中で冷えると固まります。食べ残しや調理後の食材の残りが流れていくので、それらも排水管の内部に溜まってしまい、それがつまりの原因となります。こうした要因が排水口に流れ込まないようにすることが排水管トラブルを回避する対処法となります。油を使った料理の後の食器類や調理器具は、すぐに洗い流さないようにし、食材や食べ残しが残っている場合は流さずに残飯処理をします。油汚れがある場合は、キッチンペーパーで拭き取ってから洗いましょう それでも、油分が流れていくのを全部防ぐことはできませんので、排水管の中で油が固まる前にお湯をしっかりと流しましょう。お湯を一気に大量に流すことで、油分以外の汚れも水圧で洗い流せます。お湯を流す際には、排水トラップを外して直接流すようにしましょう。お湯に洗剤を混ぜて流すと洗浄力が高く、効果的です。 油を流す際にお湯だけでなくすでに排水管内で固まってしまった油を流すように、定期的にお湯で排水溝を掃除して詰まりの対策をしましょう。


洗面所・シンク排水管の詰まりの原因と対策



洗面所やシンクの詰まりは、排水管の接合部分に石けんカスや皮脂・整髪料・洗い流した化粧品などのカスが流されずに溜まっていき詰まりになります。それらの要因で排水管に溜まった汚れの量が増えていき、髪の毛などのゴミがひっかかりやすくなることで詰まりががんこになっていきます。 日々の生活の中で、排水管にゴミが流れないように気を付けることが詰まりの対処法です。洗面所の排水栓についているフィルターは目の粗いものが多いです。そのまま使用していると、大きなゴミでも素通ししてしまいます。排水溝に使い捨ての目の細かいネットをフィルターに設置します。さらに排水栓にひっかかったゴミが排水管に流れていくこともあるので、できるだけこまめに掃除するようにしましょう。 排水栓に付いたぬめりや垢などを落としヘドロや汚れは、塩素系漂白剤を使って洗い流すようにしてください。排水口の中にも吹き付けて、水で勢いよく洗い流して綺麗にします。


浴槽・浴室排水管の詰まりの原因と対策



浴室の排水管は、浴槽と洗い場の排水が1つの排水トラップに流れる構造になっており、その先に接続されている排水管に、浴槽と洗い場から流れてきた汚れや石鹸垢など様々な汚れのが流れて溜まります。簡易的なフィルターはあっても、お湯に溶けているものはそのまま流れてしまいます。シャンプーやコンディショナーなど、体から出た垢などが排水管に流れ、こびりついたりして詰まってしまいます。さらに、フィルターを通過した髪の毛がそれらと絡まってお風呂場でよくある詰まりの原因となってしまいます。 お風呂場では気付かぬうちに髪の毛が大量に流れています。お風呂使用後には定期的にフィルターに残った髪の毛を取り除くようにすることが、詰まりの対処法です。洗面所での対処と同様で、目の細かい排水ネットを取り付けておくと髪の毛が詰まりにくくなり、さらに排水ネットごと捨てられるので掃除の手間も大変楽です。


対処が難しい排水管トラブルは水道専門業者へのご依頼を



日頃の掃除やメンテナンスによって排水管の詰まりの予防となりますので気を配ることはとても重要ですが、汚れはどうしても少しづつ蓄積していきます。 そうならないように定期的に本格的に大掃除を行うことが大事ですので、市販のパイプクリーナーや、ワイヤーブラシ使用して、パイプまわりの汚れを除去するとよいです。 普段からのメンテナンスをすることで、配水管とのトラブルを予防することはできますが、継続して長期間行う事は難しいです。その結果詰まりが発生し、自分での対処ができないような場合は、無理に自分で処理しようとせずに、専門の水道業者に問い合わせて依頼してください。 大きなトラブルになってから対応するよりも早めの対応が解決まで時短で済みますので、もしもの場合は悩まずに相談しましょう。






PAGE TOP