キッチン

キッチンの排水溝

キッチンが逆流を引き起こす原因や解消方法を紹介

毎日使うキッチンがある日を境に逆流を起こすようになったら、汚いし、洗い物もできないしで困ってしまいますよね。

逆流は、長年蓄積されてしまったゴミが排水管のS字部分やU字部分に詰まることによって引き起こされてしまいます。

そんな困ったキッチンの逆流を一刻も早く解消するために、今回はキッチンが逆流を引き起こす原因や解消方法をご紹介します。


キッチンで逆流が起きる原因

キッチンで逆流が起きる時は、排水管のS字部分U字部分にゴミが詰まってしまうことが主な原因です。

キッチンに立った時に見える部分は掃除をして詰まりを取り除くことができますが、キッチンに立っても見えない部分は、掃除もしにくいですし、そもそもどの位ゴミが溜まっているのかが把握できません。

そうして小さなゴミが何年も蓄積してしまうと、水が詰まってしまい逆流の原因となります。

逆流の原因となるゴミが詰まりやすい場所は、排水口から繋がる排水管のS字やU字に曲がった部分です。
本来この曲がった部分は、S字やU字部分に水を溜め、下水臭が上ってこないようにするためにあるのですが、曲がっているがゆえに、長年蓄積されたゴミもなかなか流れていきません。

そういった流れて行かなかったゴミがさらに蓄積され、水の通りを邪魔することによって、キッチンでの逆流が引き起こされます。

その逆流の原因となるゴミには以下のものがあります。

食材のカス

料理をする際に出る食材のカスが排水口へと流れ、排水口のS字部分に詰まってしまいます。
三角コーナーネットや排水口ネットを使っていても、ネットより細かい食材のカスが流れて行ってしまいます。

対処法としては、かなり目の細かい三角コーナーネットや排水口ネットを使うようにしてください。

油汚れ

油汚れも排水口を詰まらせる大きな要因になります。

揚げ物をした後は油を固めて捨てたりしますが、それでもフライパンや鍋などの調理器具についている微量な油が長い年月をかけて蓄積されることにより、逆流の原因になってしまいます。

揚げ物などの油以外にも、食後の食器などについた油も同様です。

石鹸のカス

意外かもしれませんが、石鹸や食器用洗剤も排水口を詰まらせ逆流を引き起こす要因です。

料理をする前にキッチンで石鹸を使って手を洗う方も多いと思います。この石鹸のカスが溶けきらずに排水口へ蓄積されてしまいます。

また、食器用洗剤も成分が油とくっついてしまい、長い年月をかけ白い塊となって逆流の原因となります。

キッチンの逆流の解消方法

キッチンの逆流の解消方法には、主に3つの方法があります。
どれもご自宅で簡単にできるものなので、是非試してください。

液体パイプクリーナーを使う

1つ目の方法は、市販されている液体パイプクリーナーを使って逆流を解消する方法です。
液体パイプクリーナーは、あらかじめボトルごと50度程度のお湯で温めておくとより高い効果を期待できます。

排水口のふたやゴミ受け、中のワントラップを外すと排水管が見えるので、その管にパイプクリーナーを流し込みます。
流し込んだらすぐには流さず、60分程放置してから、お湯か水で流してください。

お湯の使用が可能かどうかは、パイプクリーナーの使用上の注意を確認してください。

ラバーカップを使う

ラバーカップとは、トイレ掃除で使う先端にゴムが付いたスッポンのことです。キッチンで使う場合は、和式タイプのラバーカップを用意してください。

ゴミ受けやワントラップを全て外し、排水口の中の排水管が見えている状態で、シンクに水を溜め、排水口にラバーカップを押し当てます。

その後シンクに水を溜めますが、シンクに溜める水はラバーカップのゴム部分より少し高いくらいが目安です。

後は、ラバーカップを押し込んで引き抜きく作業を繰り返します。
もし普通にやっても効果がない時は、強弱を付けてやると手強い汚れが取れる場合があります。

ワイヤーブラシを使う

ワイヤーブラシとは、弾力のある長いワイヤーの先にブラシが付いた排水管専用のブラシです。

排水管の入り口からワイヤーブラシを差しこみ、ワイヤーブラシが奥に行かなくなったところで、ブラシをクルクルと回転させて汚れを掻き出します。

掻き出したゴミは、ビニール袋などに入れて捨ててください。ワイヤーブラシが汚れているからといって、その場でうっかり流してしまうと、もう一度ワイヤーブラシで汚れを掻き出す必要がありますので、注意してください。

どうしても直りそうにない場合は?

上記の方法を試しても効果がない場合は、修理業者に依頼しましょう。
修理業者に依頼することで、キッチンの逆流の解消は勿論、色々なアドバイスがもらえます。

逆流の原因となる汚れは、長い年月をかけて蓄積された汚れなので、汚いのが苦手な方も、修理業者の方に依頼することをおすすめします。

まとめ

以上、キッチンが逆流を引き起こす原因や解消方法をご紹介しました。

ご紹介した方法は、どれもご自身で出来そうな簡単なものをご紹介しましたが、ラバーカップが自宅に無い場合や、ご紹介した方法をやっても逆流が解消されない、長年の汚れは見たくない、他の個所も問題がないか相談したい、という場合には、迷わず修理業者の方に依頼してくださいね。





PAGE TOP