水道・蛇口

水道まわりの水漏れの原因と対処方法

水道周りが水漏れしていると、床がびしょ濡れになってしまったり、キッチンやトイレが使えない、さらに原因も分からないなど、不安なことだらけですよね。

そこで、今回は水道周りの水漏れの原因と対処方法をご紹介します。


トイレでの水漏れ

トイレの水漏れの主な原因には、パイプからの水漏れと、床からの水漏れ、ウォシュレットからの水漏れ、トイレタンク内からの水漏れがあります。

このような水漏れが起こる原因には、以下のような原因が考えられます。

考えられる原因

パイプからの水漏れは、壁からトイレタンクへつながる給水管のナットの緩みが主な原因です。

床からの水漏れは、便器と排水パイプを繋いでいるフランジパテと呼ばれる部品の劣化が原因です。
床から水漏れしている場合は、便器の中に墨汁を垂らして、便器のどこから水漏れを起こしているのかを探りましょう。

ウォシュレットは、ノズルや操作パネルの下、便器の脇から水漏れを起こすことが多いです。どれも部品の劣化によって水漏れの原因となります。

トイレタンク内からの水漏れは、常に便器内に少量の水が流れ続けたり、トイレタンク内に水の溜まる音がずっとしています。
この場合、トイレタンク内の部品が正常な位置にない、もしくはトイレタンク内の部品の劣化による水漏れが原因です。

対処方法

パイプから水漏れを起こしている場合、壁とトイレタンクにそれぞれ付いているナットを締め直すことで水漏れが止まります。
ナットを締め直すのには、レンチが必要になるので予め用意しておきましょう。

床から水漏れを起こしている場合、フランジパテの交換が必要になります。
まずは止水栓を閉め、トイレタンク内と便器内の水を排水します。
トイレタンク内の水はレバーを引いて水を流し、便器内の水は灯油ポンプを使って水を吸い上げましょう。

その後、給水管を取り外し、便座を固定しているナットとビスを外します。
便座とタンクが動くようになるので、中のフランジパテを交換してください。

フランジパテの交換はレンチなどの工具が必要になりますし、決して簡単とは言えません。そのため、すぐに自分で修理できない場合は、防水テープを使って対処してください。

ウォシュレットが水漏れしている場合は、まずリモコンの電池を交換してみましょう。
それでも直らない時は、ノズルを引き出して汚れが付いていないか確認し、汚れていた場合は掃除をしてください。

上記を試して直らない場合は、ノズルの交換になります。
ノズルの交換自体は簡単で、ノズルを回して引き抜き新しい物を差しこむだけですが、古いノズルはメーカーに問い合わせが必要な場合があります。

キッチンでの水漏れ

キッチンでの水漏れは、排水ホースの破損や排水管のナットの緩み、蛇口からの水漏れなどが主な原因です。

考えられる原因

キッチンの収納が水浸しになっている場合は、排水ホースの破損と排水管のナットの緩みが原因の場合が多いです。

蛇口からの水漏れは、内部のパッキンの劣化が主な原因です。

対処方法

キッチンの収納が水浸しになっている場合、排水ホースに破損がないかを確認してください。
破損があれば、排水ホースの交換が必要になりますが、応急処置として防水テープを巻くのも手です。

排水ホースに破損が無ければ、排水管のナットの緩みが原因として考えられるので、ナットを閉めることで解決します。

蛇口から水漏れしている場合は、蛇口を分解し中のパッキンを交換します。

洗面所での水漏れ

洗面所での水漏れも、蛇口本体からの水漏れや給水管、排水パイプからの水漏れが多いです。考えられる原因には、以下のようなものがあります。

考えられる原因

蛇口本体からの水漏れは、キッチンの蛇口同様、蛇口内部のパッキンの劣化が原因です。

給水管からの水漏れは、ナットの緩みが原因として挙げられますが、ナットを閉めても直らない場合は、中のパッキンが原因の可能性があります。

排水パイプからの水漏れは、ゴミが詰まっていることが原因の可能性が高いです。

対処方法

蛇口本体からの水漏れの場合、蛇口を分解して中のパッキンを新しい物に交換します。

給水管からの水漏れの場合、ナットを閉めるか、それでも直らなければ、やはり分解して中のパッキンを新しい物に交換してください。

排水パイプからの水漏れの場合は、パイプクリーナーを使用して詰まりを取り除きます。
この時、パイプクリーナーのボトルを温めることでさらに効果を期待できます。

浴室での水漏れ

浴室で水漏れする個所は様々です。
蛇口は勿論、シャワーホースや排水口、さらには換気扇からも水漏れを起こす場合があります。

考えられる原因

蛇口から水漏れしている場合は、やはり蛇口の中にあるパッキンの劣化が原因です。

シャワーホースからの水漏れの原因は、シャワーホースそのものの劣化。

排水口からの水漏れは、バスタブの中でのゴム栓の劣化が原因です。

換気扇から水漏れしている場合、換気扇の中で結露を起こしている可能性があります。

対処方法

蛇口からの水漏れは他の蛇口と同じように、蛇口を分解して中のパッキンを新しい物に変えることで水漏れが直ります。

シャワーホースからの水漏れは、シャワーホースそのものが古くなって劣化しているので、新品の物に交換してしまいましょう。

排水口からの水漏れが、バスタブの中で起きている場合は、ゴム栓を新品の物に取り換えることで解決します。
新品の物を購入する際は、サイズを確認してから購入するようにしてください。

換気扇から水漏れを起こしている場合は、換気扇を分解し、水や汚れをふき取ることで直る可能性があります。

それでも直らない場合は、換気扇そのものの経年劣化の可能性があるので、修理業者に依頼してください。

1人で解決できない場合は修理業者に頼もう

バスタブのゴム栓や、パイプクリーナーで直るものはいいのですが、便器を動かしたりホースを新しい物に取り換えたりなど、1人では難しい作業もあります。

そういった場合には、迷わず修理業者に依頼してください。
修理業者の方に依頼すれば、作業に必要なドライバーやレンチを購入する必要もありませんし、交換する部品のサイズを間違えてしまう、などのミスも防ぐことができます。

まとめ

以上、水道周りの水漏れの原因と対処方法をご紹介しました。

キッチンやトイレ、お風呂などは毎日使うものなので、早急に水漏れの原因を突き止めて、修理することをオススメします。

1人で解決できる簡単なものから修理業者に依頼した方が楽なものまでありますが、1人では無理そうだと思ったらすぐ修理業者に依頼してくださいね。





PAGE TOP