お風呂

お風呂の排水溝

お風呂の排水口つまりの原因と直し方

お風呂の排水口がつまると水が流れていかず、体を洗った時の水がどんどん溜まっていって嫌ですよね。

排水管が完全につまってしまうと、異臭や悪臭がしたり、流れた水が逆流してきたりします。
そんな困ったつまりには、意外と簡単に取り除けるものもあります。

そこで今回は、お風呂の排水口つまりの原因と直し方をご紹介します。


お風呂の排水口の構造

お風呂のヘアキャッチャー

まずは、お風呂の排水口の構造から確認していきましょう。
お風呂の排水口は、浴槽の中と洗い場の2箇所にあり、1つの排水管につながっています。

浴槽内の排水口

浴槽内の排水口には、ゴム栓式のものとワンプッシュ式のものがあります。
ワンプッシュ式とは浴槽の上部のボタンで排水栓を開閉するもので、排水栓を取り外すこともできます。

浴槽内の排水口にはフィルターが付いていて、ここには髪の毛や入浴剤などの汚れが溜まりやすいです。

洗い場の排水口

洗い場の排水口の下は、排水トラップという構造になっていて、常に水が溜まっています。

下水道からの臭いを止めるためにこのような構造になっているのですが、汚れが溜まりやすく、つまりの原因にもなるのです。
排水トラップには、主に次のような部品があります。


排水トラップの部品

排水口カバー
排水口を隠すためのカバーで、洗い場の床と一体化しています。 排水口カバーの裏側には、汚れやぬめりが溜まりやすいです。
ヘアキャッチャー
排水管にゴミが流れないよう、キャッチするパーツです。 排水トラップの中で特にゴミが溜まりやすい場所で、定期的に掃除できるよう、簡単に取り外せます。
封水筒
ヘアキャッチャーを外すと封水筒があります。 封水筒は、排水トラップの水が蒸発して下水の臭いが上がってくるのを防ぐ役割をします。 こちらも、汚れやぬめりが溜まりやすいパーツです。
排水ピース
洗い場の排水口の水が、浴槽へ逆流しないためのパーツです。

排水管

下水へとつながる管です。
排水管は、普段のお手入れでは手が届きにくい場所です。

お風呂のつまりが起きたらまず確認すること

お風呂のつまりが起きたら、いきなり対処しようとするのではなく、まずは次の点を確認してみましょう。

どの部分のつまりなのか

まずは次の手順で、どの部分がつまりの原因なのかを確認します。

  1. 浴槽の排水口から水を流す。
  2. 排水口カバーをつけた状態で、洗い場の排水口から水を流す。
  3. ヘアキャッチャーをつけた状態で、洗い場の排水口から水を流す。
  4. 封水筒をつけた状態で、洗い場の排水口から水を流す。
  5. 排水ピースをつけた状態で、洗い場の排水口から水を流す。
  6. 排水トラップのパーツを全て外した状態で、洗い場の排水口から水を流す。

1〜5がつまりの原因の場合、自力で対処することもできますが、6でも水が流れない場合は排水管がつまりの原因である可能性が高いので、業者を呼ぶ必要があります。

賃貸では修理費は誰が負担するのか

賃貸では、修理費は大家さんや管理会社が負担する場合と、借主本人が負担する場合があり、物件によって異なります。

また経年劣化によるものなのか、本人の過失によるものなのかによっても、誰が負担するのか変わることもあります。

いずれにしても賃貸でお風呂のつまりが起こったら、まずは大家さんや管理会社に確認しましょう。

薬品選びについて

ドラッグストアやホームセンター、インターネットなどでつまり除去の薬品が買えますが、中には強力な薬品があるため、取り扱いには十分に注意しましょう。

中でも、プロ用の「ピーピースルーK」は非常に強力な薬品で、一般の方が使うと大変危険です。

つまりの対処法としてピーピースルーKをおすすめするサイトもありますが、プロの業者は一般の方の使用を勧めていません。

また似た商品で「ピーピースルーF」という薬品もありますが、こちらは一般の方でも使用できます。

ただこちらも強力で、肌につくと火傷の恐れもあるため、十分に取り扱いに注意しましょう。

お風呂の排水口がつまる原因とは

お風呂の排水口がつまる原因には、髪の毛やシャンプーなどのカスが蓄積することが挙げられます。

これらのゴミが長い時間をかけて蓄積されることによりお風呂の排水口がつまりを起こしてしまいます。

排水トラップに何かしらの物質が溜まっている

お風呂の排水口の蓋を開けると見える排水トラップには、髪の毛やヘドロ、石鹸のカスなどがこびりついています。
また、カミソリの刃や小さなキャップなどもつまりの原因となります。

これらを掃除することによって、お風呂のつまりは解消されるので、日ごろのメンテナンスが重要です。

髪の毛

排水口のつまりで一番多いものが髪の毛です。
シャンプーをするとどうしても髪の毛は抜けていくので、つまりの原因となりやすいです。

特に排水口の蓋をあけた部分にヘアキャッチャーが無い場合、よりつまりの原因となりやすいです。

浴槽の排水口やヘアキャッチャーには髪の毛が溜まりやすく、手で取り除くだけでつまりが解消されることもあります。

それでも解消されない場合は、液体パイプクリーナーや洗剤などを使って、髪の毛を溶かす方法を試してみましょう。

ヘドロなどの汚れ

ヘドロなどの汚れもお風呂の排水口をつまらせる原因です。 排水口の蓋を開けて裏返すと、びっくりする程ヘドロが付いている時があります。

こうしたヘドロが排水口へと流され、つまりの原因となります。

ヘドロは排水口カバーや封水筒に溜まりやすく、つまりだけでなく悪臭の原因にもなります。
洗剤や重曹を使って掃除すれば、汚れがすっきり落ちます。

石鹸のカス

石鹸のカスや、シャンプー・ボディーソープのカスもつまりの原因になります。
一回の量は極わずかですが、これが長年蓄積されることによってつまりを引き起こします。

石鹸カスも、ヘドロと同様に洗剤や重曹を使って掃除をすることで、つまりが解消されるでしょう。

異物

ボトルのキャップやおもちゃなどの異物を流してしまった場合も、つまりが発生します。
排水トラップに引っかかればすぐに取り出すこともできますが、排水管まで入り込んでしまったら業者に依頼しましょう。

お風呂の排水口つまりの解消方法

お風呂の排水口掃除

お風呂の排水口がつまりの解消方法には以下の方法があります。
作業をする前に、汚れてもいいように手袋をはめておくと汚れを気にせずスムーズに作業ができるのでオススメです。

液体パイプクリーナーを使う

髪の毛、ヘドロ、石鹸カスなどのゴミや汚れによるつまりは、液体パイプクリーナーで解消します。
髪の毛を溶かしたい場合、次亜塩素酸ナトリウムが入っているものを選びましょう。

液体パイプクリーナーを使ったお風呂のつまりの解消方法は、次の通りです。

お風呂の排水口の蓋とヘアキャッチャーを外すと、封水筒と排水ピースと呼ばれる取り外し可能な管があります。

これらを全て取り外した後、水が溜まっていない状態で液体パイプクリーナーを流し込みます。
液体パイプクリーナーを流し込んだら、すぐには流さず60分程放置してからお湯か水で流してください。

液体パイプクリーナーをお湯で流す時は、お湯の使用が可能かどうかをボトルの説明をよく確認してから使用するようにしてください。

液体パイプクリーナーは使う前にボトルごとお湯で温めておくことで、より効果を高めることができます。

使用する際は、必ず商品の裏の注意書きをよく読み、正しく使いましょう。

重曹とお酢(クエン酸)を使う

ヘドロ、石鹸カスが溜まっている場合、重曹とお酢(またはクエン酸)を使って掃除をしましょう。

重曹とお酢を使ったお風呂のつまりの解消方法は、次の通りです。

  1. 重曹とお酢を3:1で混ぜる
  2. お風呂のつまりの原因の部分に振りかける
  3. 少量の水を流して30分〜1時間放置
  4. 大量の水で洗い流す

ラバーカップを使う

頑固な汚れがこびりついている時や、異物を流してしまった時は、ラバーカップを使いましょう。

トイレ掃除で使うラバーカップ(スッポン)を使う場合は、排水口にカップをかぶせ、強く押し込んだ後ゆっくり引き上げてください。

効果がいまいちな場合は、強弱を付けて押したり引いたりしてみるのも効果的です。
バスタブの中のつまりの場合は、バスタブにカップが浸かる程度の水を張ってから作業すると、ラバーカップの吸引力が高まります。

ワイヤーブラシを使う

排水管の手前にお風呂のつまりの原因がある場合は、ワイヤーブラシが有効です。

ワイヤーブラシとは、柔らかいワイヤーの先端にブラシが付いた排水管用の掃除道具です。

排水口の取り外せる部分を全て取り外した後、「これ以上奥に進まない」という所までワイヤーブラシを差しこみます。
ワイヤーブラシが奥に進まなくなったら、ワイヤーブラシをくるくる回して汚れを取り除きます。

業者によるお風呂のつまり解消

ここまで自分でできるお風呂のつまりの解消方法をご紹介してきましたが、上記の方法でもダメな場合や、排水管の奥の方がつまっている場合は、水道修理業者に依頼しましょう。

業者に依頼すると、次のような作業をしてくれます。

吸引ポンプ

吸引ポンプを使うと、家庭用のラバーカップよりさらに強力な力で吸引できます。
ポンプの力で吸引し、頑固な汚れや異物も引っ張り出してくれます。

軽度な作業となるので、値段も比較的安く済むでしょう。

ドレンクリーナー

ドレンクリーナーとは、プロが使う電動の配管清掃機のことです。
本体には先端がブラシになっているワイヤーが付いていて、排水管の奥の方まで入り込み、つまりの原因を除去してくれます。

比較的大掛かりな作業となるので、吸引ポンプと比べるとやや値段が上がります。

高圧洗浄機

高圧洗浄機はパイプクリーナーやワイヤーブラシで効果がなかった場合の最終手段になります。

上記の方法で効果がないということは、排水管が完全につまってしまっている状態で、ここまでくると異臭や悪臭がする場合があります。

まず、お風呂の排水口の蓋、封水筒、排水ピースを外し高圧洗浄機のホースを排水管へ突っ込みます。そこで高圧洗浄機のスイッチを入れます。

水圧で排水管のこびり付いた汚れが取れたら、外した封水筒と排水ピース、ヘアキャッチャー、排水口の蓋を閉めて完了です。

高圧洗浄は、戸建てや集合住宅など、建物の形式によって手法が変わります。
費用も使用料や配管の長さごとに大きく変わるので、まずは業者に一度相談することをおすすめします。

お風呂つまりの予防

お風呂場

お風呂のつまりの原因や解消方法をご紹介してきましたが、日頃から排水口をキレイにしておくことで、つまりの予防になります。

ここからは、お風呂つまりの予防策について見ていきましょう。

ヘアキャッチャーを購入する

ヘアキャッチャーが無い場合は、ヘアキャッチャーを購入して設置しておきましょう。
ヘアキャッチャーは100円均一に売っている物で十分な効果を発揮してくれます。

またヘアキャッチャーがある場合でも、シリコン製のヘアキャッチャーをさらに上から被せたり、ヘアキャッチャーにネットを取り付けたりすることで、ゴミや汚れをせき止めることができます。

掃除も楽になるので、ぜひ試してみてください。

定期的に掃除する

お風呂のつまりを予防するには、定期的に掃除をするのが一番です。
少なくとも週に1度は、排水トラップのパーツを全て外して掃除をすると良いでしょう。

お風呂の排水口の掃除方法

排水カバーの裏やヘアキャッチャーは、古い歯ブラシやスポンジでこまめに掃除をしましょう。

上でご紹介したシリコン製のヘアキャッチャーやネットを使えば、日々の掃除も楽になります。

汚れが目立ってきたら、排水トラップのパーツをすべて外し、浴室用洗剤やスポンジを使ってパーツ1つひとつの汚れを落とします。

高圧洗浄機を使った後のアフターケア

高圧洗浄機を使った後のアフターケアは、重曹を排水口に振りかけ、1時間程放置してからお湯で洗い流してください。
このアフターケアでさらに洗浄効果が期待できます。

直りそうにない場合は修理業者に依頼するのも1つの手段

液体パイプクリーナーを置いてあるご家庭は多いと思いますが、ワイヤーブラシや高圧洗浄機が無いご家庭もあると思います。

そういった場合や、ご紹介した方法を試しても効果がない場合は、修理業者に依頼してしまいましょう。
長年にわたってこびり付いた汚れも綺麗に落としてもらえますし、他に不安なことがあれば、プロである修理業者の方に相談してください。

まとめ

以上、お風呂の排水口つまりの原因と直し方をご紹介しました。

日ごろのお手入れとして、排水口の蓋の裏に付いたヘドロは、使い古しの歯ブラシなどで汚れを取り、ヘドロはビニール袋に入れて捨てくださいね。

どれも比較的簡単にお風呂の排水口のつまりを直せる方法ですが、ご紹介した方法を試しても効果がなかった、パイプクリーナーなどの道具が無かった、という場合には修理業者の方に修理をお願いしてくださいね。





PAGE TOP
ページ上部へ