ご挨拶

TOP MASSAGE

あくまでもお客さまの目線で対応

あくまでもお客さまの目線で対応

弊社の社員として最も大切なのは、繰り返しになりますが『お客さま目線で、考えることができること』。

人間誰しも、まず自分がどうしたい、という自我の気持ちが優先してしまう、いわゆる自己都合になってしまいがちなのですが、例として『水道の故障』という事象ひとつとってみても、単純に『故障の修理』をすれば良いと言う訳では無いと思うのです。そのお客様がどんな方なのか、ご家庭の状況によってお困りの具合が異なります。伺った先で、お客様がどれくらいお困りなのかをしっかりと判断し、聞き取りができ、さらにはコミュニケーションをとった上で修理を行なってこそ、プロとしてのご提案であると確信しておりますし、大事なことだと感じております。

そのために、教育のシステムや、評価制度を整備しておりますし、配属されている各チームで毎月ミーティングを行ない意思の疎通を図っております。またチーム内で常に相談しあうことで、情報の共有化を積極的に行なっておりますので、会社全体が理念やビジョン、ポリシーをしっかりと共有することが、100%ではありませんが実現しております。

今後、人的な面でも増強を図る上で、新規卒業者を対象に人材募集を行なってまいります。

概ね18歳から22、3歳くらいの若い世代の皆さんがその対象となるわけですが、はじめて社会に出る、それが弊社であることに大きな期待とともに責任を感じています。

個人個人で考え方がありますので、将来的には転職するかもしれない。また独立するかもしれないなど、様々な生き方があると思うのですが、弊社に在籍していた時間を振り返った時、『ためになる時間を過ごした』と思ってもらえるような、そんなスタンスで接することができれば、と思っています。だからこそ、弊社で求める人材は、特になにかに優れた人、ということではなく、素直であり、前向きであること。これがとても大切だと思っています。学校で成績優秀だった、逆に成績があまりよくなかった。そんなことは採用する際の決定的な要件ではありません。重要なのは、日々の生活や仕事ぶりを仲間や先輩、将来的には家族に堂々と見せることができる、そんな生き方ができる人間性を持っていることだと思います。

常に前向きで、自分のスキルを高めていきたいという人。弊社はそんな方に向いている会社だと私は信じております。そんな強い思いの方にぜひ、来ていただきたいと思っています。

自信をもって歩み続ける人の背中は、とても大きく見えるといいます。

今後は、私を含めた経営陣が一丸となり、社員全員の背中が日々大きく成長していくことを願い、全力で応援し続けます。そして、お客様の喜ぶ笑顔のあふれる社会の実現のため、歩み続けて参ります。