24時間365日 通話無料 0120-245-990

ユニットバスの排水溝から逆流する原因

ユニットバスの排水溝から逆流する原因

洗い場の排水口から、突然水が逆流してきた経験はないでしょうか。多くは排水管のつまりによるもので、浴槽のお湯を排水する際に出る現象ですが、意外な場所が原因で逆流していることもあります。今回は、ユニットバスの排水口から水が逆流する原因についてご紹介したいと思います。

ユニットバスの排水口のつまりが原因

お風呂で頭や体を洗った際、髪の毛や皮脂、シャンプーや石鹸などのカスが排水管内に付着し、排水管の水の通り道が悪くなることがあります。また、詰め替え用のシャンプーの切れ端や、入浴剤の袋など、も誤って排水口に流してしまうとつまりを起こす恐れがあるので、注意してください。

洗い場の排水口には、髪の毛やごみを受けるストレーナーが取り付けられているため、誤って流してしまう可能性は低いですが、浴槽の排水口はフィルターなどがない場合があるため、ゴミがそのまま流れてしまうことがあります。浴槽のお湯を流す前には、ごみや異物がないかチェックしましょう。

トイレのつまりが原因

お風呂とトイレの排水口は、最終的には1つの管に合流している箇所があり、つまりの原因が合流部分に移動してしまうと、トイレとお風呂の両方の流れが悪くなることがあります。原因が浴槽ではなく、トイレのつまりだった場合、最初はトイレの流れが悪くなりますが、お風呂の排水との合流部分に到達すると、双方の流れが悪くなり、トイレを流すとお風呂に汚水が逆流してくることや、その逆も考えられます。お風呂の排水口はもちろんですが、トイレもつまらせないように注意してください。

ユニットバスの排水口から逆流してきた場合、トイレの排水とお風呂の排水が合流する点検用汚水マスなどを確認して、つまっていないかチェックしますが、専門家でないと要因を取り除くのは難しい部分なので、業者に依頼をして確認してもらったほうが良いでしょう。

ユニットバスの排水口から水が逆流している場合、目に見えない箇所でつまりを起こしていることが多いため、自分では解決することはなかなか難しいでしょう。ユニットバスから逆流してしまった際は、一度当社にお問い合わせください。



※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。