24時間365日 通話無料 0120-245-990

風呂の蛇口が固いのはサビが原因?

風呂の蛇口が固いのはサビが原因?

お風呂や洗い場の水道の蛇口(ハンドル)が固いと感じたことはありませんか? そのままにしていると水漏れが発生してしまうだけでなく、水栓を破損させてしまう原因にもなりかねません。ここでは蛇口が固くなってしまう原因についてご紹介いたします。

サビが原因のケース

水道のコックやハンドルの下はネジのような構造になっていて、弁が開いたり閉じたりして水量を調整できるようになっています。通常蛇口の水栓はメッキ処理がされていてサビにくいようになっていますが、経年劣化により特に金属がこすれるネジ部分にサビが発生してしまいます。

サビてしまうとネジ部分に凹凸が発生し、スムーズに弁を開閉することができなくなるためハンドルが固くなってしまいます。初期のサビであれば、蛇口を分解してサビ取りなどを行う方法もありますが、サビがひどかったり、年数が経過している水栓では部品を交換したり、蛇口ごと交換する方法が一般的です。知識がないと分解は難しいので、一度専門業者に相談するようにしてください。

水に含まれるカルシウムが原因のケース

水道の蛇口回りや鏡に白い紋のようなものが付着しているのを見たことはありませんか。これは水道水に含まれるカルシウム分が固化したもので、一度付着してしまうとなかなか取れないやっかいな汚れです。

このカルシウム分が蛇口内部にも付着すると、ハンドルが固くなったり、動きが悪くなってしまうことがあります。表面上の汚れを取っただけでは改善せず、内部を分解して清掃や洗浄を行う必要があります。このケースも水道の構造を理解していないと分解掃除は難しいと言えます。

ゴムパッキンが劣化のケース

水の開閉を行うゴムパッキンが劣化しているケースで、ゴムパッキンの摩耗や破損、変形により蛇口が固くなることがあります。よくある症状としてパッキンが摩耗により小さくなってしまい、ハンドルを奥まで締めこまないと水が止まらないケースです。本来の停止位置より奥まで締めなければならず、必要以上の力をかけなければいけないため、ハンドルが固く感じてしまいます。放置すると金具の破損の恐れもあるので、早急なパッキンの交換が必要です。

パッキンはホームセンターで売っていますので、蛇口の形状に合わせたものを購入します。しかし最近のお風呂に装備されている蛇口はお湯と水の混合水栓で複雑なタイプが多いので、自信がない方は業者に相談するようにしましょう。

蛇口の故障は、ほとんどの場合蛇口を分解しなければいけないため、素人には修理が難しいと言えます。蛇口が固くて回しにくい場合は、無理に回そうとせず、まずは当社にご相談ください。


※税抜価格、また一部作業で基本料金が異なる場合がございます。